支払い督促の説明とそれにかかる費用について

民事事件の解決方法には個々人の話合いや調停の活用、また、和解の申立て、訴訟がありますが、合意ができなければ訴訟を提起することになります。訴訟の場合には手続き等が複雑になることも多く、また、専門家に依頼したりと解決まで時間がかかることも多くあります。支払い督促は相手側に対し金銭や代替物などを請求する場合に使われる手続きの1つで、それは通常の訴訟ではなく簡単に、また、費用も安く迅速に行うことができる対処の仕方です。法廷への出頭も必要がないために専門家に依頼しなくてもできる場合も多く、とても便利な方法です。流れとしては裁判所に申立書を提出すればよく、そこにおいて記載内容が認められれば支払い督促正本として書類が債務者へ送達されることになっています。債務者から異議がない場合には、通知内容は判決と同じ効力を持つために強い拘束力を持つことになります。但し、債務者から異議が出た場合には通常の訴訟に移行しますので考慮をしておく必要もあります。支払い督促に関しての費用は手数料として、請求額に応じて訴訟を提起する場合の費用の半分に相当する印紙を用意する必要があります。他に書類送達料など若干の金額が必要となりますが、それは管轄の簡易裁判所へ確認をすれば知ることができます。全く関係ない話なのですが、先日所得証明書が不要になる消費者金融があるか否かで友人と口論になってしまいました。口論ではありますが、やはり争いというものは負の感情しか産みませんね。一応キャッシング即日Ready<即日融資を受けるための3ステップ>とか、色々とまとめてあるサイトを見せて納得させましたが、ネットがいつでも見れる状態でよかったと思います。

支払い督促と裁判所への異議の申出

支払い督促というのは、借金をした人がなかなか借金を返さない場合などに使われる法律上の方法です。貸した側が裁判所に対して申し立てをすると、裁判所は書類の形式的な審査だけで、申し立てをした人の主張が正しいかどうかは確認をせずに、借りた人に対して督促の書面を郵送するというものです。この支払い督促の郵便は、特別送達とよばれる特殊な取り扱いの郵便となり、書留などと同様に、かならず局員が本人に手渡しをするということになります。もし、支払い督促の内容について異議がある場合には、受け取った人は裁判所に対して異議を申し出ることが可能となっており、具体的には、郵便に同封されている書面に書いて裁判所に送り返すだけですみます。この異議があった場合については、そのまま通常の裁判に移行することになります。ただし、郵便を受け取ってから2週間以内にこの手続きをしないと、裁判所による強制執行を受けたりする可能性がありますので注意が必要です。

支払い督促は強制執行されるので注意

支払い督促とは支払いに関して強制執行されるので注意をしておかなければなりません。支払い督促は日常生活において金融会社の融資から年金など支払うべきものとされている内容まで、本当に様々なものにおいて強制執行されます。要するに自分がお金を借りた場合や支払うべき金額がある場合、それを放置しても逃げることが出来ないということであり、しっかりと支払うべきものはきちんと支払いをしていく必要があります。そうしなければ、滞納した金額を後からまとめて支払い督促によって強制執行されると、普通に返済することに比べてさらに深刻な状況となってしまうことがあります。そうした場合の対応というのはそれぞれの支払い内容によって対処方法は変わってきます。金融会社の借金の場合なら債務整理をするという方法がありますし、年金の場合なら免除申請などがあります。どちらにしても支払いのトラブルはしっかりと解決しなければ、放置するだけでは解決となりません。

このページの先頭へ